40代の挑戦

サラリーマンでも 個人収入獲得




知能は小学生並な私でも、個人収益を目指し、行動してきた。

ビジネスと言われたら、カッコ良さげだが、収益を獲得できたならば、敢えて言いたい。






私は、ビジネスをしている。

雇用は給料が収入となるが、個人では、集客、商品、販売を遂行して、収入となる。


簡単なようで、小学生並の知能を持つ私には難しかった。

ビジネスにおける、必要であろうスキルが全くもって無かったのだ。

しかし、私でも収入獲得に到達した。


以下に、挑戦をするにあたり、経験談を掲載する。

 

目次

個人ビジネスで 必要なモノ



ビジネスとは何か?

分かっている人間には簡単だが、無知、雇用の身にはピンとこない。

 

ビジネスは
お金の対価となるモノを提供すること。

簡単な事でありながら、至極真っ当な答えを探すと思い付きにくい。


個人で収入獲得するために、必要なスキルとは
対価となるモノを生み出す基盤があるか?なのだ。

ココは非常に重要で基盤となりえるスキルが無いならば、勉強が必要となる。




自分を知ろう



さて、お金の対価となるモノを生み出す基盤についてココに掲載する。



自分を知る。

たったコレだけで、基盤となるスキルがあるか見極めることができる。



ここで、やってみたいビジネスに基盤となりえるスキルの有無を見極めよう。


対価となるモノを生み出すスキル(基盤)は、以下を問いてみると効果的。

  • 経験があるか?
  • 能力を分析できるか?
  • 勉強できるか?
  • 本当にやりたいビジネスか?



あまり、難しく考える必要はないのだ。
クオリティ(精度)などは、他者の評価がなければ自分で測れるモノではない。


個人でビジネスをやってみたい意志が明確ならば、行動に尽きる。




継続の有無は事前に決める


個人でビジネスを始める場合、絶対条件が1つある。



それは、継続の有無である。


やってみたが、すぐ止めてしまった。
想像と違った。
失敗して嫌になった。

などの理由で継続しない決断をするくらいならば、最初から個人ビジネスはやらないと決めよう。



納得、目標となるラインまで絶対にやりきる

このワードは軸としてブレないように、心に植え付けよう。



やればできる



基本、heartの強い人はポジティブ思考に変換可能だが、heartの弱い人はネガティブ思考が大きな弊害となる。


ハッキリ言おう。
私は、小学生並の知能しかないが、やればできたのだ。


カラダも弱く、知能も低く、heartも脆く、こんな私でもやればできた

納得、目標となるラインまでやりきるか?
たったソレだけなのだ。





閲覧された方へ



中年齢層での挑戦は、過去の経験値や様々な得た知識が、大きな弊害となります。



新たな挑戦に向けて必要なモノって
納得、目標となるラインまでやりきる
真っすぐな気持ちが、様々な物事を純粋に吸収できるということ。



やりましょう。
文章で長々とした説明は、必要ないと思っております。

最後まで閲覧ありがとうございました。
目に留まった方の参考となれば幸いです。




コメント