動画編集ソフトは結果的にコレにして良かった

日常ログ

動画編集ソフトを選ぶ

動画編集に興味、関心を持たれた方は、筆者の体験談を元に参考にして頂けると幸いです。

動画編集ソフトを初めて使ってみた感想と、各ソフトへの案内となっています。

私が候補となった動画編集ソフトは

  • Adobe Premiere elementsPremiere Pro
  • Wondershare UniConverter(旧称スーパーメディア変換)
  • Aviutl
  • Filmora9

この4点でした。どれも一長一短で甲乙つけるには非常に難しかったのです。情報を得ながら無料期間でできることを試した感想を以下にまとめました。

目次

Adobe Premiere elementsとPremiere Pro

このソフトの醍醐味は何と言っても、編集機能が多彩でYouTubeの編集には使われている方が大多数だと言われています。

無料期間では、大部分の機能を試す事ができました。機能多彩で逆に初心者の私には使いこなせないのと、細かすぎて機能を活かしきれない点では不満と言えます。

実際の所、趣味や自身の範囲だけで楽しむならココまでの機能は必要ないと思います。

YouTubeで動画配信をする、ニコニコ動画で配信をする、と言った目的ならばAdobe Premiere Pro、Premiere elementsは必須級の機能が揃っています。

気になる料金ですが(金額は変動する可能性があるので控えます)、以下のような印象です。

  • Proは月々の支払又は年間プランで安く利用
  • elementsは買い切りでソフトを永久に使える
  • 他のソフトと比較しても高め
  • 実際にソフトを使用して足らない機能や素材は別途課金必要あり

Adobe Premiere elementsはコチラ
Adobe Premiere elementsのホームページ

買い切りソフトはコチラ

既に料金が見えていますね(汗)

買い切りなので、更新料金、毎月・毎年の支払いは無いという点は初心者に優しいプラン。

Adobe Premiere ProはAdobe Premiere elementsの上位に位置するソフトになります。

Proと付くだけあって、完全上級者向けと言えるでしょう。
YouTuberともなれば必須ソフトとなりますが、お使いのデバイス(PC)環境によっては非常に重いです。

つまり、デバイス(PC)環境を整えないと、少々厳しいという印象。

とは言え、遠回りするより最短で!という方にはAdobe Premiere Proではないでしょうか。

Adobe Premiere Proはコチラ
Adobe Premiere Proのホームページ

筆者にはハードルの高い機能な上、料金設定から諦めました。

Wondershare UniConverter(旧称スーパーメディア変換

機能はPremiereと比較して劣るものの、使いやすさは印象的でした。無料体験版では制限があったため、元となる素材で軽く家庭用に編集した程度だったのは残念なところです。

勿論、YouTube、ニコニコ動画などに配信するだけの機能はありますが、機能性と多種多様性にはPremiereに劣ってしまう点を除いては、初心者にも扱いやすいソフトだと思います。

Wondershare UniConverter(旧称スーパーメディア変換)はコチラ
Wondershare UniConverter(旧称スーパーメディア変換)ホームページ

料金体制は調査しておらず…早い段階で私には候補から外れてしまいました。

AviUtl

こちらのソフトは無料が醍醐味のAviutl.。

結論から言うと私には抵抗が強かったです。無料という点では他のソフトの上をいくコストパフォーマンスだと思います。

以下に公式サイトリンクがありますので、興味関心のある方は一度拝見してみてはいかがでしょうか?

AviUtlはコチラ
AviUtlホームページ

残念ながら、私の第一印象として初心者にはダウンロードすら、???が続くようなソフトでした。携帯電話のアプリダウンロードのような感覚ではダウンロードできないです。

使用デバイスでダウンロードするファイルが違いますし、バージョンアップも自動ではないのでホームページから都度ダウンロードしなければなりません。

結果から言いますと、私はダウンロードする前に諦めてしまいました。

Filmora9

無料体験で使用した感覚では、機能充実、YouTube、ニコニコ動画などに配信しやすい機能もあります。動画編集に必要な機能は一通り揃っており、分割表示やオープニング、エンドロールなど元々備わっているベースとなるファイルを編集して動画に差し込めるのは魅力だと思います。

テロップも細かな編集できますし、BGMも元から備わっています。また、Fimora9を配信している運営からニュースが届き、常に新しいBGMや画像など無料で利用できる物をインストールできます。

バージョンアップも自動で案内きますから安心できます。私はFimora9がとても好印象でした。そして料金体制は、

  • 買い切りあり
  • 法人向け、個人向けのプランあり
  • 料金設定が他と比較すると安め
  • プランに加入した際に補償が含まれている

無料体験からFilmora9の好印象で料金もリーズナブル。YouTube、ニコニコ動画などに配信するにも不便さ無し。

Filmora9はコチラ
Filmora9ホームページ

筆者の感想と使うソフトは

私はFilmora9を選びました。4つのソフトの無料体験からと他の情報を得て、コストと機能で考えると一番高いパフォーマンスだと思います。

どれも良い点がありますが、やはり初心者には “機能” “使いやすさ” “分かりやすい” “安い” は魅力の強い要素です。

専門知識の無い筆者の主観なので、賛否はあると思いますが。。。

ソフト導入にあたり、PCスペックも関係します。

デスクトップ、ノートでも違いますし、OSでも違いますし…。

こればかりは、自身の環境に合ったソフト導入を!
という所でしょうか。

コメント

  1. […] 動画編集ソフトは結果的にコレにして良かった […]

  2. […] […]